AUSTRALIA’S 2ND TIER for DUMMIES

June 23, 2016

The Basics The Australian 2nd Tier works in a geographical conference format. There is no ‘standalone’ second division as there is in more developed football nations. The separate conferences include state federations (NSW, Qld, SA, […]

プレイヤープロフィール:森保 けいご

June 1, 2016

森保 けいご選手はオーストラリアに到着してから急成長をしている。この22歳の若者はここオーストラリアで、日本より肉体的に荒っぽいオーストラリアサッカーに適応していかなければならないと同時に、新たな言語の習得もしなければならない。これらのハードルがあるにも関わらず、広島出身の彼は現在までに今シーズンたった6試合の間に5ゴールを決めるという勝利への任務を毎回こなしている。 今年2月に日本から到着した森保選手は当初、シドニー周辺のNPLチームに入る予定だったが外国人選手のビザ申請締め切りが近すぎた。 『ブラックタウンシティのスタッフがエッジワースクラブを紹介してくれました。』と彼は言う。驚いたことにシドニーの語学学校に通いながら、彼はシドニーのアパートから電車で2時間以上かけてエッジワースまで通い続けている。オーストラリアには新幹線がないのである。彼は、7月に語学学校が終わればニューカッスル地区に引っ越すことも考えているという。 『英語を使いこなせるようになりたいからオーストラリアでプレイすることに決めた。』イギリスを除くすべての英語圏の国の中からここオーストラリアに来たのは少しのオーストラリアへの知識からだという。 このウィング選手のテクニックと力強いシュートはオーストラリア第二部の目に止まり、地方紙ニューカッスルヘラルドは素晴らしい評価を与えた。 オーストラリアでは実質的には彼は無名であるが、(サンフレッチェ広島監督の息子という知名度はない。)もし彼が現レベルのパフォーマンスを続けていけばそれは変わるかもしれない。 一方彼はオーストラリアでの生活を満喫している、そしてエッジワースのチームメイト達もとても良くしてくれているそうだ。北ニューサウスウェールズ州NPLのシーズンについて尋ねたところ、通常の18試合は少ないときっぱり答えた。もしエッジワースがNPL決勝進出を果たし、FFA杯の抽選会への資格を得れば彼がプレーする試合数は増やすことができる。チームが最終ステージへと進んだとき彼は極めて重要な役割を果たすことだろう。 オーストラリアでのサッカースタイルは大きく異なるが、彼は試合における身体的な面でも適応してきている。彼はここ数週間で数々の攻撃的な挑戦を振り切り、今は自身の身体性を主張する方法を学んでいる。 この小柄なウィング選手はエッジワースの攻撃側に今シーズン変化をもたらした、そして彼はメンバーにいる元オーストラリアリーグのスター選手ダニエルマックブリーン選手とまったく対照的な選手である。

プレイヤープロフィール:越水 将一

June 1, 2016

今シーズンはとても重要なシーズンである』と越水 将一選手は答えた。今年、25歳の横浜出身の青年はオーストラリア第二部、サンシャインコーストFCにて二年目の任務を課せられる。 2014年越水選手はクイーンズランド州NPLで自身の運を試すべく初めてのオーストラリアへと旅立つ。彼は神奈川大学サッカーチームにて形成期を過ごし、現J3クラブ、横浜YSCCへと移る。2014年は深刻な膝の怪我にてシーズンを終えるが彼は2016年に再びチームからの呼び声がかかるに十分な印象を与えた。 現在サンシャインコーストFCは下位3位だが、アタッカー達は得点を得る為に時間を無駄にしていない。  クイーンズランド州NPLのレベルについて尋ねてみた。越水選手はJ2リーグで活躍できる選手もいくらかいると自信を持っている。『J2でプレイするのに十分な実力を持った選手達はいます。上位4、5位のクラブには素晴らしい技術を持った選手がたくさんいます。』と彼は答えた。 越水選手はここクイーンズランド州で試合における身体的な面で更に適応しつつ、彼の労働倫理はのちに彼にとって大きなプラスになると信じている。 今シーズン彼は新監督 サム・サイフのもとでフォワードとしてプレイしている。シーズン初めにチームが上位4位に入ることができるか尋ねたところ、彼は『チームは団結するための強化が必要だ。』とチームワークについて語った。 フィールドの外では釣りを満喫しながら空いた時間を過ごすという。ペレジアンビーチにほど近いここでは、肉離れによって休養を余儀なくされた彼にとっては十分な時間が過ごせるだろう。 プロとしての将来を探り、彼は挑戦に出た。『どんな結果が出たにしろ、今年は26歳になり、もしヨーロッパでのプレイを考えるにしてもまだ若い今しかないと思っている。』今シーズンの終わり、彼は進路を選ぶことだろう。若さとは対照的にこの25歳の青年はサッカー以外の今後の人生についてさえも触れていた。これらの考えの核心は日本にいる恋人のためを思ってのことである。しかし、今年何が起こったとしても彼のプロとしての仕事に迷いはないだろう。 対談では、プロサッカー選手としての強い意志と、サッカーが彼自身と周りの人たちにもたらす幸福に強く繋がっていることをを明らかにした。

MAGIC START TO NPL SEASON FOR BROADMEADOW

April 10, 2016

Broadmeadow Magic kicked off their Northern NSW NPL season with a confidence boosting 7-2 win over Adamstown today. Playing at Magic Park – a stone’s throw from the home of the Newcastle Jets – locals […]

NPL – BLACKTOWN CITY CATCH SHARKS NAPPING

March 22, 2016

In NSW NPL action over the weekend Blacktown City came from 3 goals behind to swamp the Sutherland Sharks. In what would have been a major upset the Australian NPL Champions showed their class over […]

ALEX YIN: FOLLOWING HIS FOOTBALL DREAM

February 16, 2016

Alex Yin’s early professional career was spent at Hangzhou Greentown. Now a mid-table Chinese Super League team, Alex was there as Hangzhou climbed from China League One to the first tier of professional football in […]

BLACKTOWN CITY WINGER MAKES HIS CHOICE

October 2, 2015

Blacktown City’s winger Danny Seung-Joo Choi has experienced a break out season. The 21 year old picked up 9 goals and 13 assists in a season that saw Blacktown capture the NSW NPL Premiership and once […]

GUNNERS RALLY TO SHARE SPOILS WITH JETS YOUTH

April 19, 2015

South Cardiff Gunners and the Newcastle Jets Youth team played out an entertaining 3-3 draw at Ulinga Oval in the Northern NSW NPL on Sunday. The Jets got scoring underway when striker Radovan Pavicevic found himself […]

1 2 3